2013・04・25

食は細いけど、なんとかやってるよ〜!

元々外の子だった千夜見。
ご飯の催促をする以外ほとんど構われたくない子。

自宅輸液や投薬、通院。嫌な事ばっかりのはずなのに、
今までに無い甘えようで、働きかけてきます。

せっかく仲良くなれたのに、お別れはすぐそこに...?けど

直らないのが嘘のように機嫌の良い時もまだまだあります。

体重2.06Kg BUN 90 Cre 5.5


「看取る」のでなく、

最後の時を、精一杯一緒に過ごす

つもりで明るく過ごしています。

どんな生き物でも、生まれて来る時と死んでいく時が
きっと一番一生懸命。
健康な時とはまた違った一生懸命な可愛さを少し見れるようになった気がします

いざとなったときどうなるか、わかりませんが。

っま、千夜見としては、
どちらかといえば夫に一緒にいてもらった方が嬉しいみたいで
食べない時等、夫が顔を拭いてやったりして構うと
気を取り直して食べたりします。


食欲の無い時、

他のメニューと取り替えるのも良いですが、その前に
撫でたりして、リラックスさせたり、
お湯で拭いて血行を良くしたり
我に返らせたりするのも大切なようです。


あと弱ってくると、食べようかどうか考えるにも時間がかかりますので
食器をすぐ下げたり、取り替えたりしないで
ず〜ッと置いておきます。
多少きたならしくてもです。


1時間位してから、

猛然と食べだす事も多々ありです。


介護側の気分転換も大事です。
私等はすぐへこたれるので、気分転換だらけです。



●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

4/29,30と静脈点滴に入院してきました。
増血剤も打ってきました。

そして今日 5/7は 体重1.98Kg BUN 96 Cre 5.7

ああ、腎臓!他は元気なのに。

腎臓って血管が糸くずみたいに集まってて、
そこを通って老廃物が濾過されるんでしょ?

腹膜透析ってものがあるなら、細〜い人口血管の丸まったのを
身体のどこか良い場所に太めの注射器で注入して固定させて
なんとかならないものなのか。。。。
腎移植でなくて、バイパスを増やすって考え。

十数年後なら、きっと出来るはずだ!

悔しい!
posted by puppu at 21:26 | Comment(7) | 千夜見
この記事へのコメント
>今までに無い甘えよう

たくさん甘えて、きっと今までにない
幸せな時間になってると思います。
幸せっていうと、なんだかずれてるような
軽い気がしてしまいますが
安心や信頼や…緊張や不安から離れた
ちび猫の時の様な気持ちが一番近いのか…
人間には分かりませんが、なんというか、
「好きよ」って気持ちかなぁ…。
おふたりと、千夜見ちゃんが通じ合っているようで
やっぱり「幸せ」でいいのかなぁ…。
などと思いながら、元気玉送ります。
一口でも多く食べられますように!
Posted by にんに at 2013・05・08 00:10
千夜見ちゃん、頑張っていますね。

今回の腎臓の病気は本当に辛いですが、病気を通して千夜見ちゃんとpuppuさんたちの絆は深まったんだと思います。
千夜見ちゃん、もしあのままお外ネコのまま、一人っきりで病気が重くなっていったら。。
それに比べて、千夜見ちゃんが、たとえ病気が重くても今安心の中で毎日を過ごすことができていること、千夜見ちゃんはどんなに嬉しいだろうと思います。

繋がった絆、深まった絆は永遠で、何物にも替えられません。
大変な中でも、千夜見ちゃんとpuppuさんに、ひとつでも多くの嬉しいことがありますように。
Posted by bintama at 2013・05・08 21:13
にんにさん

>ちび猫の時の様な気持ちが一番近いのか…
そう言って頂けるととても気持ちが軽くなります。

このPCのすぐ左に千夜見の寝場所があって
いつも千夜見を見ながら
コメントを読んだり書いたりしているんですが、
元気玉は、確かに届いているようです!

今もパクっと、鼻にしわを寄せて食べました!


bintama さん

>千夜見ちゃん、もしあのままお外ネコのまま、、、
連れて来てよかったのか?常に思います。
10年のお庭見守り生活に対して、
お部屋生活2年はどうしても短く感じてしまいます。
連れて来たから、2年ちょいになってしまったのでは?と。
>たとえ病気が重くても今安心の中で毎日を過ごすことができていること、千夜見ちゃんはどんなに嬉しいだろうと思います。
ありがとうございます。なんとか千夜見の表情に
そんな雰囲気を読み取れる気がするのがせめてもの救いです。
Posted by puppu at 2013・05・08 22:20
○ 千夜見ちゃん、がんばっているんですね…。
 ののちゃんの看護を思い出してしまいました。
 あの大きな千夜見ちゃんが、2kgを切ったのは、ちょっとショックです。
 腎臓機能の新たな治療法…。本当にそんなのを研究してほしいと思います。
 晩年ののちゃんも、補液に通院するのが費用もかさむので、在置針を付けて自宅で補液していました。
 (針といっても、細いプラスチック管なのですが…)
 BUNがもっともっと下がって、気分も上向きになればご飯も食べられるんだろうけど、こればかりは、「ガンバレ」とも言えないし…
 貧血や腹水がたまりませんようにお祈りします。
            <ののちゃんより>
Posted by kitcat at 2013・05・09 11:30
kitcatさんとののちゃんへ

千夜見はがんばってます!
けど先日、私は大風邪をひいてしまいました。

自分の体調管理にも気を使った、と
kitcatさんの事を思い出しました。

けど幸い、千夜見には影響はなかった様で
弱ってはいるのですが、それなりにつつがなくて
このままずっと過ごせるのではないかと、ついつい思ってしまいます。
Posted by puppu at 2013・05・10 14:19
○ 千夜見ちゃん、ご飯は食べられているかなー?
 造血剤は効いているかな?
うちは、晩年、貧血で鼻とか耳が冷たくてちょっとかわいそうだったけど、今は温かい季節だから…大丈夫かな…
 千夜見ちゃんと充実した時間をいっぱい過ごしてください。
  <ののちゃんより>
Posted by kitcat at 2013・05・15 21:05
kitcatさんとののちゃんへ

増血剤、効いているみたいですよ〜!
少し食が逞しくなって、2.02Kgに返り咲きました

そうですね、貧血で鼻が白いです。
うちも、無理矢理騙し騙しで、洗面器にお湯を張って
脚をチャポチャポさせたんですけど、
ストレスまぎれに血行が良くなって、
その後良く食べました。

ののちゃんのお風呂はもっとしっかり温まっていたので、きっと血行に効いてただろうな〜
とおもいだしていました。
Posted by puppu at 2013・05・16 19:32
コメントを書く
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:

●ランキングに参加しています。
プーちゃんたちへの応援、なにとぞよろしくお願いします。

cat80_15_darkgray.gif