2019・06・19

キョーヴィその後とパップマン

結局去年の9月6日までキョーヴィは頑張ってくれて、
沢山レポートもあるので、キッチリ書き残したくて
けど、その後私の体調不良(今は大丈夫)や、父の死、
夫の実家の片づけ、私の方の実家問題も、、、なんだかばたばたで
そのままになってしまっていました。

キョーヴィは最後、脳がスパークした状態で1両日
たぶん意識は無く、苦しまずに見送る事が出来ました。
何時かは書き残したいと思っています。

そして今年5月で、プ-ちゃん、パップマン、なこ、が
なんとか20歳を迎える事が出来ています。

そして、そして
今パップマンの腎不全が大悪化していまして、看取りに入っています。

持病持ちでも老衰に近い状態をめざしつつ、、う〜ん
bun140オーバー、cre5以上と
数値はえらく悪いのですが、明るいパップマンです。

posted by puppu at 19:01 | Comment(2) | キョーヴィ。その3
この記事へのコメント
○ キョーヴィちゃんは、大変だったけど、みんな20歳越えはすごいことです。
 パップマンちゃんの「bun140オーバー」でビックリ。
 ののちゃんも、同じだったのですが、その時獣医は、「BUN140は計測の限界、生きていることがすごい」と言われながら5ヶ月持ちました。
 数値は、あくまでも「めやす」なのかもしれません。
 猫との時間を大切にしてあげてください。
 身の回りにも、(ニンゲンの)介護疲れでブログを辞めちゃう人が続出していて、それだけ「大変なのだな」と思いました。
      <ののちゃんより>
 
Posted by kitcat at 2019・06・25 15:23
コメント有り難うございます。
とりあえず20歳まで頑張って欲しいと思っていましたが
youtube等で23歳なんて聞くと、20歳だって事で何でも年のせいにして
あきらめずにキッチリ介護しなくては、と思うのと同時に
早く逝ってしまった子は不幸なのかと云うと
みんな最期まで頑張ったって事だし、一概にどうとも言えないって実感しています。
今は持病があっても目指せ老衰!むずかしいです。
Posted by puppu at 2019・06・27 01:16
コメントを書く
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント:

●ランキングに参加しています。
プーちゃんたちへの応援、なにとぞよろしくお願いします。

cat80_15_darkgray.gif