2013・07・03

千夜見。もっと楽に逝かせてやれたのではないか?

7/2午後5時30分頃旅立ちました。

yahho5拡大
yahho5拡大

忘れないうちに書き留めておきたい事があります。

もっと楽に逝かせてやれたのではないか?
安楽死についてきりなく思ったことを書きなぐっています。

BUN140オーバーで、いつどうなっても不思議は無いです
と言われながら数ヶ月。

無理をさせないように様子を見ながら、

最終的にはリーナルケアと
アイシア11歳からの健康缶ムース(特にかつお)でしたが
多種の食事、
1日4回の投薬、毎日の輸液、2度の静脈点滴入院、
1日おきで足4本分の包帯取り替え、、、
果ては鼻水吸い,点鼻薬。

比較的いろんな処置をいやいやながらも受け入れ、慣れて、
QOLに生かしていく姿勢が感じられ
治らない事が信じられないような日々でしたので
だいぶ気分的に救われていました。

徐々に衰えていった時
こんなに頑張った果てに報いの無い思いをさせていいのだろうか?
これは放置しているのではないか?
本当は原因は他にあって見落としていて、急性腎炎なのではないか?
と言った気持ちに何度もとらわれました。

けど、またまた辛そうになったりで
いやいや無理(強制給仕)はダメと、思い直してのくりかえし。

引っ越し前の外での千夜見と
こちらでの千夜見は別の猫のように思えます。

yahho6拡大
yahho6拡大

千夜見で、3匹看取りました。
病状が違うのでそれぞれですが、共通している事がありました。

容態が悪化してきて、

もうこんなに弱ったのだからダメかもしれない

と思っても、だいたいそれは序の口。

想像以上に衰えます。


そして最後には瞬きをしなくなって目を開いたままの状態
くるんくるんに真っ黒な大きく瞳孔を開いた顔になって

このまま逝くんだ。と見守っていると
最後にもうひと苦しみーー死戦期というようです。

それが一番辛そうです。

よく最後は眠るように力つきたような事が綴られていますが
余程運が良くないとそんな静かなおわりは無いのではないでしょうか?

千夜見は普通よりその一番辛そうな状態が長かったように思えました。
呼吸が浅くなって時々苦しんで動いたりする旅支度の状態が
3日位も、、、
けどその3日に突入したのはかなり突然でした。

この最後の旅支度に3日もかかるとわかっていたならこの部分だけは
安楽死でカットしてあげるべきだったと強く思います。

勿論安易な安楽死はもってのほかです。

けれど、生きる事を尊重するとか、自然に任せるとか
死にたいと思う者などいない。とか、
こういった意見も確かに一理はありますが

最初に避妊や去勢しておいて
しかも室内飼育で、医療も施してもう自然の寿命はコントロールされきっているのに
最後だけ自然だ、命の尊重だ、って。。虫が良過ぎやしないか?

考えとしてはそんな感じです。けど実際は?

苦しむ時期と寿命がわかったとして、
本当に安楽死に踏み切れるのかといわれると怪しい気もします

ついさっき迄、直そう、症状を軽くしよう、と
生きる為の事を考えていたものを突然逆を向く。
想像しただけでもとても抵抗がありました。

最後の3日、早く逝ければ良いのにという気持ちでいっぱいでしたが
いざ「者から物」になってしまったことがまざまざとした時
自分の悲しみ云々差し引いて、
あんなに苦しんだのを目の当たりにしていたにもかかわらず

楽になれたね。

という気持ちより


どうしょうも無いしのびなさが先に立ちました。
posted by puppu at 22:40 | Comment(15) | 千夜見
●ランキングに参加しています。
プーちゃんたちへの応援、なにとぞよろしくお願いします。

cat80_15_darkgray.gif